シスメックス株購入とその結果(失敗)

スポンサーリンク

コンテンツ

まとめ

2018年12月3日 6034円 100株購入
2018年12月6日 5653円 100株損切り

利益 -38100円

検体検査機器たの分野で世界的な高シェアであり、割安感があったため検討していた。

KDDI、メルカリと売ってしまい、資金が遊んでいたこと、株価の下がりが底をついた様子だったため購入を決意。

遊んでるからといった安易な購入だと失敗。
シスメックスは株価が下落基地基調だった。
購入時は底をついた間があったがそうではなかったよう。

また、外国人持ち株比率が40%と高く、日経平均との連動が高そう。日経平均の下落局面では購入を控えることにしよう。

また買値よりも上がったときに損切りポイントを購入価格以上にしていればこんなことにはならなかった。

購入日

2018年12月3日 6034円 100株購入
5655円で損切り予約。

目標株価7812円
アナリスト予想8919円 やや強気
理論株価8643円 割安

今年6月に11110円記録しており、理論株価近くまではあがると予想。
8000円までは保持。

終値6060円。取りあえず上がってホットした。
が、数千円では誤差範囲。

2018年12月4日
終値5900円。
昨日より160円もさがった。ただ、今日はほぼすべての株が下がっている。
日経平均は538円下げた。
どうやら米金利の低下予測を受けて、ドル安となり、反対に円高は日本の株にはマイナスに働くためらしい。海外ヘッジファンドが売りを強めたか。
今朝の時点ではプラスだったので、こまめに損切りを変更しておけば良かったか。
まあまた戻ると思われる。

2018年12月6日
5653円まで下がり損切り発動。
終値5685円まで戻した。
完全な下落基調なのに買ってしまったためか。
本日も株はほぼ全面安だった。
日経平均は-417円の21501円(-1.91%)
シスメックスが-2.7%ダウンなので日経平均と連動している様子。
外国人持ち株比率が40%あり、日経平均との連動が大きそうだ。

2018年12月11日
12時52分時点で 5552円
先日損切りしておいてよかったことになるのか。
いまだ日経平均は下がっており、21125円
ダウ平均は今朝は上がっていたが、連動していない様子。

2018年12月20日
13時30分時点 5350円

目標株価 6708円
アナリスト予想 8605円
理論株価 5686円

購入時点よりも理論株価が3000円も下がっている、
DMM理論株価の算出方法を真剣にみるひつようがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする