日本マクドナルド株の購入とその結果(失敗)

スポンサーリンク

まとめ

2018年10月22日 5070円 100株購入
2018年11月26日 5060円 100株売却

利益 -1000円

購入直後から下がっていた時期がほとんど。
一時4950円まで下がり、損切りも視野に入るなど気が気でなかった。
今後割高株には手を出さないようにしたい。

日本マクドナルドホールディングス概要

不採算店舗のリストラを経て、新規出店を進め店舗数は純増へ。
マクドナルドならではのブランディングを強化する。
地域特性に応じた店舗・マーケティング戦略、アプリやSNSを活用した最新のプロモーションなどで集客した。
既存店舗を活性化し、売上高は好調。中間決算発表では、アナリスト予想を上回る好決算となる。
6月の株主優待の権利確定日以降は株価下落傾向が続いたが、12月の権利確定日に向けて上昇相場を期待したい。

プラス材料
・9月3日の株価4845円に対して、3か月後の予測が +19% 5750円 ~ -6% 4550円
・アナリストの投資判断が5段階評価中3から4に引き上げ
・慎重度が5段階評価中5
・成長度が5段階評価中5
・収益度が5段階評価中5

マイナス材料
・理論株価が2493円と94%割高
・13週移動平均線が下降中

IFIS株予報
目標株価に対して割安であり、シグナルも買い転換。
12月末にかけての権利確定前に株価上昇の公算ありとみている。
上昇波動が「立ち上がり」になれば買いか。
2018.10.17
株価5000円に上昇したが、シグナルがニュートラルに後退。まだ様子見。

2018.10.18
株価5,030円に上昇。シグナルが買い転換に。
この株価は、直近2か月で最大の値。これを突き抜ければしばらくは年末の権利確定まで上昇軌道に乗ると思われる。
大株主情報を見ると、60%が海外のマクド関連会社が所持している。残りはほとんど日本の個人が所持。これはつまり、株主優待が目的ということだろうか。株を売買するのはどんなときなのか。

2018.10.22
株価5070円まで上昇。いったん下がるような気もするし、このまま上がってしまう気もする。見てるだけでは始まらないので購入を決断。100株を購入した。
購入と同時に、4805円逆指し値で成り行き売り注文を出した。ここ数ヶ月の下値がこの値段なので、それを下回るとは思えないが、それ以上下がるなら一気に下がる可能性があるので損切りを決めておく。
株の保持は12月中旬の権利確定日まえまで。
5500円くらいになってると予想。

2018.10.23
株価が4985円まで下がってしまった…一喜一憂してもしょうがないと思いつつ、若干の後悔。
明日は上がることを祈る。

2018.10.24
午前場で一時4950円まで下落し、その後4985円まで戻した。
チャートパターンは上昇波動立ち上がりのまま。
これから上がると思われる。
2018.10.25
終値は4985円。前日比-70円。
日経平均が822円45銭下げているせいか。
サウジの記者殺害、イタリアの財政危機などで売りが相次いだ。
平均よりはまだ下がり幅は小さい。
値動きは割と日経平均に連動している印象。
どんどん評価損が増えているが、意外と落ち着いている。損切りの値段を決めているからか。また、そこまでは下がらないと思っているからか。

2018.11.12
終値は5150円。
1日で100円近く上がった。ついに含み益が8000円プラスに。
なぜなのかは不明。
11月8日(木)に12月期の営業利益が発表され、前期比24%増と好調だったが、
市場はもっとよい予想をしていたようで失望したらしい。
だがそれは9日や11日(月)の株価で反映されたはず。なぜこの日に上がったのか。材料がない。
まあ、上がったのだから良しとする。
ここで、一旦利益を確定させるか。。。
いや、本来の目的は、株主優待前の値上がり益を狙うものだった。
ここで確定させるならやっている意味がない。
でもここでまた下がったらどうしようという気持ちもでてくる。
だが、初志貫徹。
夜に板情報を見てみると、売りがかなり控えているようで、「前」と表示されている額が
5070円と5080円だった。調べてみると、これは取引開始前の寄り付きというもので、
明日朝の取引開始時点での予想株価だとのこと。
であれば今成り行きの売りを出しても明日朝の時点では利益0で終わってしまうようだ。
一気に上がった翌日は利益確定で売られることが多いとするならば、
取引終了間際に売ってしまわないと夜のうちにどんどん売り注文が出されて株価が下がるようだ。

2018.11.13
開始時点で昨日の予想通り株価が5070円になっていた。
売らなくてよかったと思いつつ、また下がるかもしれない、という気持ちにもなる。
結局終値は5,010円。またマイナスに落ち着いた。

2018.11.16
終値が4,945円。。 またもマイナス1万2000ほどの含み損に。。
これが値段の上下に一喜一憂しているという状態か。
割高の株を買っているので、いつさがるかとひやひやする。
もし12日の急に上がった5150円時の値段で売る場合、15時の取引終了までに売っておく必要があった。
翌日の開始値が5070円だったので。
これからは14時30分くらいに一旦様子を見るようにしよう。

2018年11月26日
開始値5010
終値5070
ようやく買値にまで戻ってきた。前回は終値5150まで上がって、翌日の開始時点で5070まで急落、その後4900円まで下がっていった。
今回は前回の失敗を踏まえて取引終了前14時40分に状況を確認、5060円で売却した。1000円損失が確定。本当は年末の権利確定に向けて株価が上昇することを期待していたが、この1ヶ月一向に上がらず。そもそもかなり割高の株価のため、今後あがる見込みが薄く、下がるリスクの方が高いと判断した。
明日以降、うなぎ登りに株価が上がって後悔しないことを祈る…

2018年11月27日

開始値5120円…更に上がっている…

売ったのは失敗だったか…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする