ダイヤモンドZai2018年11月号 株500激辛診断抜粋

買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!

対象銘柄

スポンサーリンク

RIZAPグループ

 ジム、インテリア、アパレル、店舗運営、出版など事業を広げる。
 M&Aを積極的に進める本業が好調で、今期も積極投資による大幅な増収増益を見込む。
 8月末に、東証一部への上場を目指す方針との報道があった。
 目標時期は示していないが、数年以内に実施するといわれる。
 第二四半期以降は過去最高益を連続更新する見込みで、進捗の確認とともに株価も戻りを試す展開。

 プラス材料
 ・9月3日の株価755円に対して、3か月後の予測が +32% 1000円 ~ -18% 620円
 ・成長度が5段階評価中5
 ・収益度が5段階評価中5

 マイナス材料
 ・理論株価が693円と9%割高
 ・安全度が5段階評価中2
 ・割安度が5段階評価中2

IFIS株予報
 10月12日時点で株価554円と上記予想を大幅に下回っている。
 理論株価が割安でリスク相対指数も底値圏なので、シグナル売り継続が止まれば買いか。

 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする