2018年4月18日日経一面

スポンサーリンク

純利益世界で3割増

先進国でIT技術関連の技術革新が収穫期に入ったことと、新興国では資源高が理由。
今後は通商摩擦が懸念。

通信関連などITの伸びが大きい。
スマホ向けの半導体、ネット通販のアマゾン、AI画像処理に使う半導体が伸びたエヌビディアなど。
資源では鉄鉱石需要の回復を受けたブラジル大手ヴァーレ。

私見

アメリカの対日米鉄鉱石輸入制限問題次第か。
大きな影響がなければ、今後も業績の拡大が続くと思われる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする