【自作PC】WindowsVistaからWindows10に移植する方法まとめ。

なかなか気が進まなかった、WindowsVistaからWindows10に移植する作業に
ようやく取り掛かろうと決意しました。

スポンサーリンク

動作条件

まずは以下のサイトでお勉強。
Windows10を動かすために必要なもの
上記サイトによると以下だそう。

プロセッサ:1GHz以上
メモリ:1Gバイト(32ビット)または 2Gバイト(64ビット)
ハードディスクの空き容量:16Gバイト
グラフィックスカード:Microsoft DirectX 9グラフィックス デバイス(WDDMドライバ付き)

DirectX9の確認

DirectX9に対応しているかどうかは、
パソコンでファイル名を指定して実行(Windowsボタン+R)し、dxdiagと入力します。
DirectX診断ツールが起動します。

私のパソコンは、DirectX11がインストールされています。
下位互換なので、動作条件クリアですね。

CPUの確認

実は、マイクロソフトが詳しく公開していないが、以下の条件が必要。

プロセッサ:PAE、NX、SSE2をサポートする1GHz以上のプロセッサ

さらに64bit版をインストールする場合、プロセッサ(CPU)が以下の条件も満たしている必要があるとのこと。

・CMPXCHG16b(マザーボードでもサポートされている必要あり)
・PrefetchW
・LAHF/SAHF

これを調べるには、下記マイクロソフトのCoreinfoツールを使います。

マイクロソフト提供coreinfo
ダウンロードした「Coreinfo.zip」を解凍します。パスがわかりやすい場所に

コマンドプロンプトで解凍したCoreinfo.exeがある場所に移動します。
cd 対象パス

coreinfo
と入力すれば、情報が表示されます。



*がついていると対応しているとのことでしたので、全てOKですね。

ちょっと、落とし穴が。
CPUが対応していても、BIOSで以下を有効にしていないといけないようです。
No-Execute Memory Protection

確認したところ、Execute Disable bit という名前でEnableとなっていました。
問題なさそうです。

結局のところ、Windows10をインストールできるかどうかはCPU次第ですね。
ちなみに私が使っているCPUは以下です。

新品はまだ高いですね。中古だと1500円くらいからであるようです。
なにせ10年ほど前のCPUですからね。
でも、Windows10を動かすには十分のようです。まだまだ現役でがんばってもらわないと。
当時は2万円くらいで買いましたから元をとらないとw

32ビット版か64ビット版か

これは64ビット版一択のようです。
32ビット版だと4GBまでしかメモリが認識しないのに対して、
64ビット版は2TBまで認識できますので。
現時点で3GBメモリ積んでいるので、最低動作保障もクリアしています。

何を買うか

世の中の皆さんは、無料アップグレードの時代にインストールされているのでしょうが、
いまだにVistaを使っているため有償でWindows10を購入するしかありません。

まず候補となるのが以下です。

AniversaryUpdate適用版です。
vistaノートにwondows10をクリーンインストールしたというコメントがありました。
「microsoft インストール メディアから起動し Windows 10 をインストールする方法」
で検索するといいそうです。

以下マイクロソフトでインストールメディアの作成方法が書いてありました。
マイクロソフト公式サイト Windows 10 のインストール メディアを作成する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする